CONTENTS
ご挨拶
診療科目
アンチエイジング外来
美肌治療外来
院長紹介
院内写真
診療時間・休診日
アクセスマップ
トップに戻る
美白治療プラン
ブライダルチェック
医療クリーム&メディカルコスメ
自閉症の方と家族の方へ
軽井沢周辺マップ
長野県北佐久郡軽井沢町
大字長倉748-3
知ってて得する! 子宮頸がんワクチン情報
子宮頸がんとHPV(ヒトパピローマウィルス)の関係
ヒトパピローマウィルスには、100種類以上のタイプがあり、そのうちハイリスク型が、子宮頸癌の原因になります。
感染経路は・・・?
ほとんどが性行為で感染します。過去に一度でも性交渉の経験のある人なら誰でも感染の可能性があるわけです。事実、若い年齢の過半数の方が感染していると言われています。
感染するとどうなるの・・・?
殆どの人が、一過性のもので、自然にウィルスを排除できます。しかし、ハイリスク型が自然排除できずに、持続感染している場合に子宮頸癌が誘発される危険率が高くなります。
全ての女性がワクチンを接種した方が良いのですか?
性交渉の未経験女性は、HPVに感染していないので、ワクチン接種の適応になります。小学生から受けられます。
性交渉経験女性は、まずHPVハイリスクの検査を受けられることをオススメします。検査結果が陰性(マイナス)なら、ワクチン接種をオススメします。検査結果が陽性(プラス)なら、半年後に再度検査を受けられて、陰性になっていれば、感染は一過性のものですからワクチンの接種をオススメします。もし、再び陽性なら、持続感染が考えられますから、ワクチン接種の適応はありません。(ワクチンは、HPVハイリスクの感染を予防するものであって、HPVを排除したり死滅させるものではありません)
定期的な(半年に一度)の、がん検診を受けて、早期の癌発見に努めていただくことをオススメします。
貴女にとって、適切な子宮頸がんの予防とは?
まずは当クリニックの『子宮頸がんワクチン自己チェックシート』でチェックして見て下さい。
子宮頸がんワクチン自己チェックシート
子宮頸がんワクチンQ&A
Q ワクチンで完璧に子宮頸癌を予防できるのですか?
A 子宮頸癌の原因の80%がHPV16とHPV18の2つのタイプです。ワクチンは、この2つのタイプのみに効果があります。もし貴女が、将来この2つ以外のハイリスクHPVに感染したとしたら、ワクチンを接種しても、この2つ以外のハイリスクHPVで子宮頸がんになる可能性はあります。ですから、ワクチンを接種した後も定期的ながん検診を受けられることをオススメします。
ワクチンについて
・3回接種することで完全な免疫を獲得します。
・効果は、20年持続します。
・副作用は、他のワクチンと同様ですから、
体調の良いときに接種されることをオススメします。
料金
HPVハイリスク検査 8,400円
子宮頸がんワクチン(3回分として) 50,000円
すべて保険適応ではありませんので自費負担となります。またクレジットカードの適応外となりますのでご了承ください。
© 2010 Masano Medical Clinic.
まさのメディカルクリニック